2009年05月28日

キタノカオリ・ホシノでロールパン

ちょっと気分転換に天然酵母&リッチなパン。
ホシノなら簡単だけれど
それほど香りがいいとも思わないので、自家製酵母も
将来的には視野に入れるためこれを買ってみた。


ホシノ・キタノカオリでロールパン





ロールパンは成型がむずかしい&めんどうと思ってたらこの本のレシピでは
丸めるだけだったので、あぁ、それもありかとロールパンに
初挑戦してみたくなった。


リーンなパンではなく卵もバターもたっぷりのリッチなパンも
たまにはいいかな。


今回もHB、SD−BM102の予約タイマーを使用して
朝起きたら1次発酵の途中からボールに取り出して作りました。




<レシピ>バターロール大きめサンドイッチ用8個


前夜 気温 24.7度 湿度53% 
当日 気温 25.6度 湿度52% 晴れ風がきつい

キタノカオリ     250g
ホシノ生種       25g
塩 アルペンザルツ   
スキムミルク
バター
砂糖 (きび糖を使用)
水  (常温)
卵 1個(冷蔵庫から出してすぐ) 56gでした


この本を参考にしたのでオリジナルではないので
中途半端な材料レシピしか載せられなくてごめんなさい。

 


♪レシピ・作り方♪

前夜 0:00すぎに1.ホシノ天然酵母の生種 2.強力粉
3.卵・水・塩・砂糖を混ぜた溶液 4..バターの順にHBに
セットする。

天然酵母コースのタイマーを8:30に焼き上がるようにセット。
8:30焼き上がりということは、7:00ごろHBから生地を
ボールに取り出さないと焼きが始まってしまう。


6:40 HBの中の生地温度を計ると28度ぐらい。
べちゃっとしているが粉を多めにふって軽く
パンチをしながらオイルを塗ったボールへ移す。

湯たんぽで一次発酵。生地温度32度で高め。

8:30  指穴テストまぁOK。8つに分割してベンチタイム45分。

9:20  空気を抜きながら涙型に丸める。
      →しっかり涙型にしないと第二ベンチタイムの間に丸くなって
       しまった

9:40  成型。8つのうち2つは、まんまるで焼いてみた。


9:55−  二次発酵。35℃でNE-W300を使用。
      途中お昼のおにぎりを作るためごはんを解凍したかったので
      パンたちを外へ出してしまう。。

11:10ー  焼成。 200度余熱。
       200度12分。170度4分半。


11:30− 2回目焼く。(常温でほっておいたもの。)
 


◆所感

レシピでは10個に分けるとあったが、
サンドイッチ用に大きめにしたかったのと
8個ならオーブン1回で焼けるのではないかと思い、
8つに分けた。ひとつ58gだった。


が、1回では、やはり焼けず2回に分けて焼いた。

少しふくらみが悪く詰まったかんじ。
もう少しふわっと仕上げたい。

成型のとき、長く伸ばしすぎたかも。

初めてきび糖を使ったがリッチなパンだからか、
やさしい甘さ。



◆次の日食べた感想

特に変わらず。冷凍もOK.



◆次はこうしてみよう!TRY

卵が多いので、半分に減らして、半分はドリューに使う。
砂糖も減らす。



■ランキングに参加してます♪応援クリックしてくださると嬉しい^^☆


posted by leanpan at 00:00| Comment(0) | ホシノ天然酵母レシピ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。